シャン州ナムサンで撮影した4人の子どもたちの25年後(2)

関連記事

2 レスポンス

  1. 東山真司 より:

    楽平家サロンの延長のつもりで、田村さんに薦められて読み始めたけれど、今回は頭をガツンと叩かれた思いです。
    「多様性」とかの抽象的な言い方でなく、こういう具体的なアプローチができるっていうのは実にいい。
    コロナ下で巣ごもりしても、またミャンマーに行けなくても、ミャンマーの人々と歩みを共にできる、それが何ともすばらしい。

    • C.Hyodo より:

      ミャンマーをライフワークに撮影しているのに「入国できなくなったらどうしよう」そんなことばかり心配していました。
      コメントを読んで、気づかされ、そして勇気づけられました。
      そうか、遠く離れていようが、こういう発信の形態もあるんだと。
      これでいいんだ。
      東山さんからのメッセージ、受け止めました。
      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。